新宿のとんでも占い師との出会い、その教訓とは、の巻。

*

新宿のとんでも占い師との出会い、その教訓とは、の巻。

<エッセイ>
あるTV番組で、見た目から
『売れている占い師』『売れてない占い師』
を当てるコーナーがあり、
ほぼ100%見た目=そのままだった、という。

 

 

その番組を見ていればよかった、と思う。
幸い、私は鑑定開始わずか『2分』で、
【この人ヤバイ・・|д゚)】 と
中断してもらい、帰ってきた。

 

その占いの○は全国チェーン店だ。
女性は占いが好きで、私も好きで行く。

ちょっと時間があったし、
転職を考えていたから寄ってみた。

その占いの○は、占い師が小さなブースに入っており、
そこを訪問する形式だ。

私が選んだ占い師Eさんは、
誰も並んでいなかった。
(だいたい、土曜日になぜ空いているか、
 気づくべきだった)

 

こんにちは、と挨拶をし、生年月日と名前を書いた。
今ちょっと家族のことで悩んでいてきました、と伝える。

その占い師は、開口一番こんなことを言って
私をビビらせた。


一切笑わず、フーーーっとため息をつきながら。

『あなたね~、だからダメなんですよ!
 全部、あなたご自身のせいです、今の状況!!』

えええ、、
私ドMじゃないので、もう少し優しくやってほしいのですが。

驚いて、顔をよく見た。


アイラインをクッキリ入れて、
悪魔のようではないか。
ベム、ベラ、ベロのベラに似ている。

世の中、こんなにメイク情報が出回っているのに、
なぜ、敢えて「ベラ似」で行っているのだろう。


昭和を彷彿させる。
早く人間になったらどうだろうか。

まだ30代と思われるのに、非常に怖い。
そして、言うことはもっと怖い。

 

そして、開始2分、私は口をはさんだ。

 

『あの、、、怖いです。
 いろんな占い行きましたが、ひどいですよ』

 

そして、お金を払わず、お引き取り、となった。

最後に、一応確認した。
【あの。。。確認ですけど、本当にプロですか?】

私は大きなことに気づいた。
彼女の占いは、何一つ私の身になっていなかった。

しかし、これだけは確実に言える。

【こんな占い師を選んでしまうほど、
    私の運気は落ち込んでいるのだ】

ムム。
なんということだろう。
お金を払わず、自分の運気をチェックすることができた(笑)

あなたは占いというツールを使った、
プロのコミュニケーターではないだろうか。

目の前のお客のニーズを読め。
あなたの前の客は、ちょっと気弱になっていて、
占い好きも講じて、何か前向きな話をしたかった、だけだ。

求められている仕事=目の前の客を、20分でhappyにすること。
最初からダメ出しするなんて、聞いたことがない。
それは単に、あなたの思い込みを吐いただけではないか。

あなたの思い込みなんて、要らないんだよ、お姉ちゃん。
あなたのお客様は、どんな言葉が欲しいか、
ちゃんと想像したらどうか。

いやー、勉強になった。

占い師は、見た目で選んでよいと思う。
これは私の実感だ。



ツールバーへスキップ