吉田メイ


宮城県出身。
大学卒業後、銀行系リース会社に就職、ITソフトウェア会社海外部門に転職し、フィリピン、中国とのアウトソーシング部門を担当。
ITベンチャーに転職、ドイツ企業担当、翻訳、通訳を行う。国際NGOに転職し、様々な国籍のチームメイトの中で通訳担当。
流通系輸入商社に転職し、イタリア、スペインの食材のバイヤーとなる。

300種類の商品、10億円の取引を一人で任され、年に2-3度の欧州出張で買い付けをする。37カ国の人と仕事をしてきた。
35歳を過ぎて一年発起、オーストラリアの経営大学院に入学、卒業。

2001年日本コーチ界のカリスマ、本間正人先生の講演でコーチングを知り、コーチ養成講座に申込む。人間関係に悩み解消、自分の適性が分かることからコーチングのすごさを実感した。
コーチングをしている中で、英語学習で悩まれている方が多いことに気がつく。英語学習をしている方々は、英語を習得するために無駄なお金をたくさん払っていることにショックを覚え、もっと早く、確実に英語を習得できるようにする英語コーチとして2011年から活動を行う。

その後、自身が英語コーチとして日本中の方々の指導を行っているうちに、「英語コーチになりたい」という要望を多く頂き2012年より「英語コーチ養成講座」を始めた。今まで指導した人数は約1000人を越え、日本以外にも海外からのクライアントも多数。

クライアントの多くは、OL、大学教授、海外に駐在している商社マンなどで、英語のスキルを活かして仕事がしたい。英語コーチで売れるようになりたいという40代女性が多い。英語コーチの養成を行っていると、全国からの英語コーチの相談で「他で英語コーチの養成講座を受けても、卒業した後に実際に稼げているひとは殆どいない」と言う相談を受けて「英語コーチとして売れる独自のテーマを見つけ出し、そのテーマで売れ続ける為の英語コーチの養成」という独自の指導を行い、自身の英語コーチ養成講座を卒業した英語コーチが日本や海外で活躍している。

今後の夢は、日本や海外で英語コーチを増やしながら、スペイン、マレーシア、日本の三重生活をするのが夢。趣味は、イタリア・スペインの歴史、裏千家茶道、自転車のロードレース。女性、男性、国内、海外 問わず多くのクライアントがリピーターになっている。

現在は、国立大学で大学院生をしながら、環境問題に関わる人間の心理を研究している。(環境心理学)


●受講生


大学教授、通訳者、英会話学校経営者、翻訳者、英語の先生、

OL、主婦、フライトアテンダント、自営業、経営者、公務員、

米国駐在の会社員、国際NGO職員、インテリアコーディネーター、

商社マネージャー。多くは30-40代の働き盛りの方。


●資格


国際コーチ連盟 会員
国際コーチ連盟認定 アソシエイト認定コーチ
JADA認定 スーパーブレイントレーニング 2級
NLPビジネスプラクティショナー
★国際コーチ連盟認定 コーチ養成講座3校で受講
CTP(コーチトレーニングプログラム)受講
ICC プロコーチ養成講座 受講
International Coach Academy (Australia) 受講
Competent Toastmaster,Competent Leader(Toastmasters International)
2011年  国際NGOで、通訳を行う。マスター英語コーチ。

日本政府の国際事業の日本団リーダーに推薦され、日本代表で英語スピーチをした。
2011年12月 BBC(イギリス国営放送)にラジオ出演
2016年6月   オーストラリア 経営大学院を卒業
2019年4月   国立大学大学院入学 環境問題を研究(全科目英語)


英語の夢を4つかなえた。
英語プレゼン回数のべ800回以上。
現在、日本全国、海外にクライアントがいる。

<<弱点>>
せっかちなので忘れ物が多い。
頼まれるとNOと言えない。

<<趣味>>
水泳。ロードバイク。世界中のカルチャーショックを分析すること・ヨガ・パンづくり