【40代の女性のキャリア】60代の上司の嫉妬で、キャリアが終わってしまった実話②

*

【40代の女性のキャリア】60代の上司の嫉妬で、キャリアが終わってしまった実話②

さて、この記事の続きです。

キャリアが終わってしまうとは、夢にも

思っていなかった私滝汗

 

MBAを取ったことで、

日本企業では、

この60代の上司の下では、

 

俺のプライドを脅かす女

 

になっていたことに、後で気づきました。

 

あからさまな、いじめが始まっていたから、です。

パワハラ、だよね。。

 

態度がガラッと変わったんですから。

 

この日本企業は、

「女性の活躍を促進しよう」と言っておきながら、

「女性が本当に力を持つこと」を嫌っていた、のです。

 

MBAを取ったことは、私の財産で、

全く後悔していません。

 

でも、この上司。。。。

「YOU, ちっちゃいな・・・」って思いませんか?

 

私は仕事が好きだったんだから、

こういう女子に、仕事を回せばよかったのに。

あなたの仕事が楽になったのに。

 

俺のプライドを傷つけるな!!!

 

って意味で、怖かったんでしょうね。。

自分はMBA持っていないから。。

そんなパワハラが始まっていました。

 

 

この時、分かったんですよね。

この企業にいても、未来はないし、

こういう女性たちの背中を押すコーチングをしたい、

と。

 

なんだよね。

有能でも、それを活かす場所がない女性たちの応援をしたい、と

思っています。

 

 

 

 

 

 



ツールバーへスキップ