エッセイ 子どもの時から「本物」を見せるメリット

*

エッセイ 子どもの時から「本物」を見せるメリット

子どもの時から本物を見せる、
 ~子どもだから、と忖度しない、の巻。


今回の旅で驚いたことは、
4歳児ぐらいの子供が、
課外授業でピカソの「ゲルニカ」を
見ていたこと。

 

 

もちろん、故郷の天才の作品なのだから、
親しむ課外授業はあるだろう。

「分かるのかな、4歳で」

これが私の疑問だった。

 

 

私は専門家じゃないけど、小さな頃から
本物を見せたほうがいいだろう。
きっと、脳の奥の奥に、
「感性」として刻み込まれるのだ、と思う。

イタリアのスーツがなぜ優れているか。
日本の技術でも
「イタリアには勝てない」という。

日本でも、同じぐらいの縫製技術はある。
でも、そこではない、のだ。

 

 

生地の「地」の縦糸、横糸、の微妙な色の組み合わせは
イタリア人のように、小さな頃から
「本物のアート」に囲まれている人が
「感性として身に着けたもの」

つまり、ロジックで説明できないもの、

と聞いて唸った。なるほど!

 

 

昔、『ウゴウゴルーガ』という子供番組があった。
世界の名作ダイジェスト、など大人が見ても
楽しかったが、

『子供だから内容を薄める、のは子供に失礼』

とプロデューサーが語っていた。

私は密かに「みうらじゅん」氏をちょっと尊敬している。
みうら氏は、小学生のころから、仏像が大好きで
スケッチしていた、という。

彼の独特の感性は、小さな頃に磨かれたのじゃないか。
仏像が好き、っていう感性は素晴らしい。

※ただ、みうら氏は下品な発言も多いため、
ファンであることを表沙汰にせず、
隠れキリシタンのようにひっそりと応援する私(笑)



ツールバーへスキップ