英語コーチ研修「効果的な英語学習」はリアルなお客様の事例でした

*

英語コーチ研修「効果的な英語学習」はリアルなお客様の事例でした

先週は、英語コーチ研修⑦でした。

⑦はいよいよ一番大事なところ、

「効果的な英語学習」について、です。

 

ちょうど、受講生の方がクライアントができ(おめでとう!)

その方のリアルな実例をケーススタディで取り上げました。

 

みなさんなら、この方にどんな学習方法を提案しますか?

既に、英語の学校、行っているのに効果がないんです。


 

英語が必要な状況の女性。

クライアントが外資ばかりなので英語が必要になってきた。

5月にアメリカ人の来客し、それを『録画』するらしく、

彼女が英語を話しているところも録画されそう、、

非常に焦っている。

 

2、3年前から、ベルリッツから、弁護士が通うような
上級英語スクール、ドラマ型英語スクール

脚本を考えて役を英語で演じる)にあれこれ通っても、
結果が出ず、

日本人でビジネス経験がある先生がいい」とのことで、
日本人のTさんに依頼がきた。

 

TOEICなどは受けたことがない。

ちょっと英会話をしてみたところ、非常に「カクカクした英語」

(流暢にリエゾンができているわけではない)英語を話す。

 

英語が話せない状態で座っていると、

「彼女、何のためにいるの?」と外国人から非常にキツイコメントがきたり、

精神的にも追い込まれている印象。



ツールバーへスキップ